日本比較薬理学・毒性学会

Japanese Society of Comparative Pharmacology and Toxicology

学術集会情報学術集会主催マニュアル

一般演題

一般演題主体の学会となります。演題募集・プログラム編成などについては、司宰機関(大学においては主催校)が行います。また、プログラム編成に際しては、出来る限り薬理学と毒性学の演題の融合が諮られるようお願いします。

教育講演会など(司宰機関)

教育講演会については、司宰機関が担当します。

追加1: 教育講演内容が決まりましたら、演者名等をホームページ担当者までご連絡ください。「主催シンポジウム」のページに掲載します。また、学会プログラム委員へ、「関連集会で行われる講演」として届け出をおこない、要旨集への掲載を行います(通常、5月末掲載締切)。

評議員会(司宰機関)

評議員会は司宰機関が開催します。司会は議長が行いますが、議事録、出席者確認等については、司宰機関が行います(※案内状送付に必要な評議員住所録に関しては、事務局へお尋ねください)。

※教育講演会や評議員会開催に必要な経費につきましては事務局へ御相談ください。

若手の会

若手の会は単独で開催されます。司宰機関は開催場所の確保をお願いします。また、司宰機関は学会プログラム委員へ、「関連集会で行われる講演」として届け出をおこない、要旨集への掲載を行います(通常、5月末掲載締切)。